BTS(防弾少年団)メンバーの入隊はいつ?BTS法で入隊延期。最年長ジンから最年少ジョングクの入隊時期はどうなるのか。

BTS

BTSの最年長ジンの年齢が28歳に達することでBTSメンバーの兵役がいつになるのか注目が集まりました。
韓国では健康な男性であれば通常28歳までに入隊する義務が法律で決められています。
貴重な20代の中の約1年半の意味は芸能人にとっては特に大きく、今まさに活躍の場を広げているBTSメンバーにとっても入隊時期は大きな影響があると予想されます。

この記事ではBTSメンバーの入隊時期について、BTSと同じように韓国にとどまらず活躍していた男性K-POPグループの兵役履歴を振り返りながら考えてみました。

2022年に同時入隊するのではというニュースが飛び込んできました。
事務所側は肯定も否定もしていない状況です。
「BTS」、2022年同伴入隊説が浮上…Big Hit「特に申し上げる言葉はない」

目次

韓国における兵役とは

韓国では、日本でもかつて行われていた『徴兵制』のような『兵役』制度が現在でも行われています。

それには、韓国の歴史的背景が大きく関わっています。
今、私たちに見えている韓国はなんら日本と変わらない国に見えますが実は『休戦』状態であるということです。
それは朝鮮戦争(1950-1953)が未だ終わっておらずただ『休戦』している状態が長く続いているだけだという点が大きく関わっています。

日本でも戦争が当たり前に行われていた時代は常に兵力を強化する為に、国民を兵力として教育が行われていました。

極端なことを言ってしまえば、いつ戦争が再開してもおかしくない状態にあるのが韓国です。

そのため、韓国では今でもある年齢に達すると、戦うための基盤として若い男子を教育するために『兵役』を行っている現状があります。

『兵役』に行くタイミング(入隊時期)は?

韓国の男性にはでは特別な理由がない限り、満19歳~29歳までの間に約2年間の兵役が課せられています。

18歳になると「徴兵検査」の通知が届き、19歳で「兵役判定」を受けることになります。
健康状態のほか、資格や適正に合わせて配属される部署などが決められるようです。

では、韓国の男性ははどのタイミングで兵役に行くことが多いのでしょうか?
現在、韓国の法律では19歳~28歳の間に入隊することとされていますが、実際はほとんどの人が20代前半に入隊してしまうということです。
大学進学後、2年生~3年生の間に休学をして復学をするというのが一般的な流れです。

芸能人・有名人の兵役(入隊)

では、芸能人や有名人の入隊のタイミングはどうでしょう。

芸能人や有名人にとって20代という期間はとても特別な期間であることは間違いありません。

俳優・アイドルであれば10代の内からその道を志し、練習生や下積みなどの期間を経ている人がほとんどです。
韓国では『練習生』と呼ばれる期間を5年間以上過ごしている人も多く、やっとの思いでデビューをつかみ取ります。
そんな中20代の花開こうとしている時期に入隊しなければならないということになると本人にとってもファンにとってもあまり喜ばしくない状況となります。

実際に韓国の多くの男性俳優・男性歌手・アイドルたちが多くのファンに惜しまれながら入隊をお見送りする光景が毎年恒例となっています。

芸能界は熾烈な競争世界なので、少しのブランクが居場所を失うことになるそんな不安を抱えていることにちがいありません。そのため、入隊時期についてはメンバーや事務所の意向だけでなく、ファンの想いが影響を及ぼすこともあります。

そこで、これまでの韓国の人気者たちはどのようにしてこの『兵役』を乗り越えていったのか、見ていきたいと思います。


【輸入盤】マップ・オブ・ザ・ソウル:7 [ BTS(防弾少年団) ]

韓国の人気グループ入隊時期の選択

俳優やソロアーティストなどと違い、グループで活動する芸能人・有名人にとって入隊時期の選択はとても重要なものになります。
グループ内のメンバーは年齢もバラバラであることが多く入隊時期の猶予にも差がでます。
そのときにどういう判断をとるかは大きく3つのパターンに分かれているといえます。

1.メンバーがバラバラに入隊する

代表例:SUPER JUNIOR

SUPER JUNIORは総勢12名の大所帯。
メンバーの最大の年齢差は4歳でしたが、再結成までに10年かかりました。

2010年7月にカンインが入隊以降、時期をずらしながら次々とメンバーが入隊・除隊を繰り返すことになります。
2017年5月にマンネのキュヒョンが入隊、2019年5月除隊(正しくは召集解除:社会服務要員のため)となったため、2020年に約10年越しに全員が揃った完全体のSUPER JUNIORになりました。

2.メンバーが期間をあけずに入隊する

代表例:東方神起

東方神起といえば、日本での韓国アイドルグループの認知の先駆けの存在です。
元々5人で活動していましたが、2010年人気絶頂の中メンバー3人が脱退し現在はユンホとチャンミンの2名となっています。
彼らがバリバリ現役で活躍していたのは20代前半~半ばの頃。
年長のユンホとマンネ(末っ子)のチャンミンは2歳差です。
二人がバラバラに入れば再結成まで5年近くかかるところ、東方神起の2人の選択は間を開けずに入隊することでした。
2015年7月にユンホが入隊すると、11月にはチャンミンが入隊しました。
そのため、再結成は2017年に行われ活動休止期間は2年でした。

3.メンバーが同時に入隊する

代表例:CNBLUE

CNBLUEは2018年3月から8月の間にメンバー4人が同時入隊したとの話題になりました。
期間をあけずに入隊という点では、東方神起と同じですが、4人グループで同時期入隊というのはこれまでの流れから見ると稀なパターンであったと思われます。
再結成は2020年の予定でこちらも活動休止期間は2年の予定です。
人気メンバーであったイ・ジョンヒョンの脱退により、残りの3人で再始動予定となっています。

BTS(防弾少年団)の入隊の時期は?

SUPER JUNIORや東方神起など、かつて日本のK-POPブームをけん引してきた男性グループの例を振り返ってみました。
いま、最も熱いグループといっても過言でないBTS(防弾少年団)の入隊時期について注目が集まっています。

2020年12月にBTSの最年長メンバーであるジンが入隊期限の28歳を迎えるにあたって、BTS(防弾少年団)のファンから同時入隊の嘆願書が2万件集まったとの報道がありました。
韓国の徴兵制度には友人や同僚などと一緒に入隊する制度がありますがそのように、BTSのメンバー全員が同時に入隊することによって空白の期間を最小限におさめたいという周りからの希望がうかがえます。

さて、韓国の男性アイドルグループはこれまでもこの『兵役』の壁を様々な形で乗り越えてきました。
2019年徴兵制度が見直され、服務期間の短縮や制限の緩和などが図られました。
陸軍であれば21か月から18か月となり、1年半の空白となります。

これまでの韓国男性グループが入隊時期を選んできたのにもそれなりの理由があります。

バラバラに入隊することでメンバーの穴を補ってきたSUPER JUNIORは12人いるという強みを生かしてグループの存在を守り続けました。

期間をあけずに入隊することでファンと離れ離れになる期間を極力少なくしようとした東方神起は2人になっても『東方神起』の威厳を守り続けました。

同時に入隊することでメンバー全員が同じ時期に戻り完全体で復活することを選んだCNBLUEはバンドというグループ形態を意識した入隊時期の選択をしました。

それはグループ内の事情や戦略が顕著に反映されているものだと思います。


SUPER JUNIORは12人を超える大所帯を生かして誰かがいなくても活動を途切れさせることなくファンにさみしい思いをさせずに兵役を乗り越えました。

東方神起は韓国だけでなく日本での人気も確固たるものになっており、問題を乗り越えた2人の東方神起を守るという意思は固く期間を開けずに2人が入隊し、無事にカムバックし活躍しています。

CNBLUEはバンドという特性もあり一人も欠けることなく活動することが優先として反映されたことも大きいかと予測されますが同時に入隊し4人揃って2年後の再結成が計画されました。

BTS(防弾少年団)がどのパターンに当てはまるのかを考えると恐らくどのパターンでもいけるのではないかと思います。
というのも、BTS(防弾少年団)は7人。
メンバーの人数は少なくはないため、順番に入り活動し続けることは可能かと思われます。

しかし、年長のジンと年少のジミンの年齢差は5歳。
もし仮にそれぞれが延長期限ぎりぎりまで待って入隊するとすれば、完全体に戻るのには約7年近くかかることになります。

仮に7年後に再結成した場合、最年長のジンは完全体で復活するときにはすでに36歳。
BTS(防弾少年団)のパフォーマンススタイルでは少しきつくなっているのではないのかなぁーとも思います。

BTS法案が可決!?

2020年12月4日に最年長のジンが28歳になる目前の12月1日、韓国で兵役法改正案が可決しました。

今回の法改正では、「国内外で韓国のイメージを大きく向上させたと文化体育観光部が推薦した、ポップカルチャーのアーティスト」について、兵役を30歳まで延期できるとした。

BBC NEWS bbc.com/japanese/55155170

この法改正によって、ジンの入隊を2年延ばすことができるようになりました。
法律が改正が可決したという話なのですが、実際は躍進中のBTSに合わせて改正された形となったため『BTS法』として多くのメディアが取り上げました。

対象となるアーティストの基準は、文化体育観光大臣が「韓国の国際的地位を高めるために貢献したと認めるもの」となっている。

論座 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020121400008.html?page=2

今回、BTSはこの対象になったいうことで延期が認められることになります。
このBTS法の対象者になるアーティストが今後出てくるのかも注目のひとつですね。

BTS(防弾少年団)入隊時期のパターン

これまでの韓国の男性アイドルグループが経てきた入隊時期の選択や『BTS法』を踏まえて、BTS(防弾少年団)メンバーの入隊時期の予測をしていきます。

BTSの入隊時期①2022年全員が同時期に入隊する

BTS法が可決する前に、ファンから同時入隊の嘆願書が集まりました。
メンバーが同時期に入隊する場合、最年長ジンの入隊期限に合わせることになります。
その場合の入隊時期は2022年の12月までにジンが入隊し、1年以内に次々と7人が入っていくイメージになるかと思われます。
その場合、最結成の時期は2024年年末~2025年頃になることが予測されます。

同時入隊のメリットは活動休止期間を2年間と最短で抑えることができることです。
しかしデメリットもあります。
それは、入隊している2年間BTSがメディアから消えてしまうということです。
グループ内のメンバーが入隊時期をずらすことで、残ているメンバーがBTSの冠をつけてメディアに出ることができるのに対して同時入隊の場合はそれが出来なくなるという点が最大のネックとなります。

BTSの入隊時期②各メンバーが入隊期限でバラバラに入隊する

仮に各メンバーが入隊期限ギリギリまで活動したのちに入隊する場合を見てみましょう。

メンバー生年月日入隊期限
JIN【ジン】1992年12月4日2022年
SUGA【シュガ】1993年3月9日2023年
J-HOPE【ホソク】1994年2月18日2024年
RM【ナムジュン】1994年9月12日2024年
JIMIN【ジミン】1995年10月13日2025年
V【テヒョン】1995年12月30日2025年
JUNG KOOK【ジョングク】1997年9月1日2027年

各メンバーが入隊期限で入隊した場合は最初に入隊するジンから最後に入隊するジョングクまで約5年間の開きがあります。
さらに、再結成までには7年間かかることになります。

  • 2022年:6人<ジン以外>
  • 2023年:5人<ジンとシュガ以外>
  • 2024年:3人~4人<ジミン、テヒョン、ジョングク>
    ※ジンは除隊後に復帰
  • 2025年:2人~3人<ジン、ジョングク>
    ※シュガは除隊後に復帰
  • 2026年:3人~5人<ジン、シュガ、ジョングク>
    ※RM、ホソクは除隊後に復帰
  • 2027年:4人~6人<ジン、シュガ、RM、ホソク>
    ※ジミン、Vは除隊後に復帰
  • 2028年:6人<ジョングク以外>
  • 2029年:7人で再結成

BTSの入隊時期③時期を少しずつずらしながら入隊する

最初に入隊するジンに合わせてみんなで入隊するか、入隊期限ギリギリまで待って入隊するか、というパターンの間をとった入隊時期の選択パターンです。
その場合に考えられるのは、3または4つに分けて入っていくのではと考えています。

BTS(防弾少年団)のパフォーマンスの役割分担は大きくこんな感じですよね。
ボーカルライン(テテ・ジミン・グク、ジン)
ダンスライン(ジミン・ホビ・グク)
ラップライン(RM、シュガ)

同じラインが一気に抜けると、グループとしてパフォーマンスが厳しくなるのでラインごとに1人2人が抜けて穴埋め方式で行くのではと予測します。

例えば・・・
第一陣がジン・シュガ(2022年~2023年)
第二陣がホビ・RM・ジミン(2023年~2024年)
最終陣がテテ・グク(2024年~2025年)

このシナリオでいけば、メンバーが欠けている期間は約3年間となります。
遅くても2025年には完全体で復活ができそうです。
2025年には最年長のジンで33歳、最年少のジョングクは28歳となります。
兵役で鍛え上げられ帰ってきたBTSのメンバーはさらに大人の魅力を出してくれるのではないかと期待します。

BTS入隊時期予想

果たして、同時入隊をするのか、少しずつ期間を空けるのか、事務所もメンバーもファンもきっと悩みに悩みぬくでしょう。
何しろ今が一番旬で輝いている時期ですからね。

2022年に同時入隊するのではというニュースが飛び込んできました。
事務所側は肯定も否定もしていない状況です。
「BTS」、2022年同伴入隊説が浮上…Big Hit「特に申し上げる言葉はない」

事務所側としては、弟分のTommorowXTogetherやENHYPENが育ってくれればBTS(防弾少年団)の空白期間も安心というところですかね。

今や世界を魅了し輝いている、BTS(防弾少年団)!
これからの動きからも目が離せません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『一生、青春』がモットーの平成生まれのアラサー女子!(注※2児を育てるすぼらのフルタイムワーキングママ)
中学生でイ・ビョンホンをきっかけに韓国文化のトリコに♡
現在は、韓国の女優さんのようなキレイなママでいたいなと日々スキンケアに奔走中。韓国の情報を沢山お届けしたいな、と思っています♡

コメント

コメントする

目次
閉じる