ミュージカル主演も!SEVENTEENのメインボーカル・ドギョムの魅力を紹介!

変幻自在の音楽集団『自主制作アイドル』SEVENTEEN !
明るくキャッチ―な曲からしっとりとしたバラード曲まで操るSEVENTEENのどの曲でも、混じりけのない空高く突き抜けるような歌声が聴こえたらそれは我らがドギョム(DK)のものに違いありません。

この記事では、【セブチのメインボーカル・ドギョムの魅力】をセブチオタクの筆者が心を込めて紹介します。

\ この記事のテーマ /

譲れない自分との闘いに涙!?
ミュージカル主演をもこなす
SEVENTEENのメインボーカル

ドギョムの繊細で実直な心に近づく

セブチのメインボーカル・ドギョムの魅力
  • 繊細な中にも強さを感じる珠玉の歌声
  • メンバーが証言する「神様より優しい」
  • 自分にはとことんストイック・妥協しない
  • 繊細な表現力で自分とファンのために歌ったカバー曲
  • 正真正銘セブチのメインボーカル・ドギョム
この記事を書いた人
pyons
pyons
  • K-POP沼にはまった関西人
  • 絶賛カラット(セブチオタク)
  • K-HIPHOPやR&Bといっぱい派生中!
  • 推しの魅力が多くの人に届きますように♡

Instagram:(@pyons___f)

目次

SEVENTEENの基本情報

SEVENTEEN(通称:セブチ)は2015年にPREDISエンターテインメントからデビューした13人組のボーイズグループです。

出典:seventeen official
スクロールできます
グループ名SEVENTEEN 세븐틴 セブンティーン 【通称:セブチ】
人数13人
メンバーS.COUPS, JEONGHAN, JOSHUA, JUN, HOSHI, WONWOO, WOOZI, THE 8, MINGYU,
DK, SEUNGKWAN, VERNON, DINO
グループ名の由来「13人のメンバー+3つのチーム+1つのグループ=17」
所属事務所PLEDIS Entertainment
ファンクラブ名CARAT カラット
デビュー2015年5月26日
デビューシングルミニアルバム『17CARAT』
日本デビュー2018年5月30日
日本デビューシングルミニアルバム『WE MAKE YOU』

13人のメンバー+3つのチーム+1つのグループ=17という意味が込められている。 ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当。

SEVENTEEN JAPAN OFFICIAL Site

\ 9th アルバム『Attacca』発売中 /

\ 応援に必須のペンラはコチラ /

SVENTEEN|ドギョムのプロフィール

名前DK(ドギョム)
本名이석민( イ・ソクミン)
ニックネーム馬・ハッピーウイルス・ドギョマ
誕生日 1997年2月18日
星座みずがめ座
血液型O型(Rh-)
身長 / 体重178cm / 66kg
出身地韓国 ソウル特別市麻浦区
趣味・特技歌うこと、映画鑑賞
ハトの真似
絵文字馬🐴
学歴新鳳高等学校
⇒ソウル公演芸術高等学校
家族構成父・母・姉
MBTIINFP

ドギョムの魅力①珠玉の歌声

繊細な中にも強さを感じる珠玉の歌声を持つドギョム

ドギョムと言えば、メンバー誰もがうらやむほどの純真で伸びやかな蜂蜜ボイスの持ち主。

音楽番組の映像を観たり、ライブに足を運んだ人は共感を抱くはずですが、セブチの激しいダンスや細かいフォーメンション移動の中でもドギョムの歌声は抜群の安定感を持っています。

また、センターパートでは歌詞の持つ意味を語りかけるように優しくまっすぐに言葉を届けてくれる正真正銘のセブチのメインボーカルなのです。

そんな彼はグループとしての活動だけではなく、今や韓国で「エクスカリバー」という古代イギリス時代を背景に
王の運命を持って生まれた青年の成長を描くミュージカルの主演をも堂々と務める実力を十分に持っています。

ミュージカルの概要と終了後のコメントについてはこちら!

SEVENTEEN ドギョム、ミュージカル「エクスカリバー」終了の思いを語る“思い出と感動を忘れない”

Kstyle 2021年10月21日より

ファンが選ぶK-POPアイドルの歌唱力ランキングでも度々トップに鎮座しているので、セブチをよく知らない人でもドギョムの歌声に惹かれている人は多いのではないのでしょうか。

pyons

キャリアだけではなく、技術や力量を確実に積み重ねている彼の確かな歩みはCARATとしてもとても誇らしいです♡

ドギョムの魅力②「神様の次に優しい」心の持ち主

優しさはほかの人のために
厳しさはプライドとなり自分との闘いに

からかわれながらも本当にその言葉通り、グループ内でいちばん優しい心を持っているとメンバーの証言も多数。
その優しさを特に印象づけたのはジョンハンから見たドギョムの姿。

出典:EP. 13 ゴールラインまで僕がそばにいるよ | SEVENTEEN : HIT THE ROAD
出典:EP. 13 ゴールラインまで僕がそばにいるよ | SEVENTEEN : HIT THE ROAD

スタッフやファンよりも長い時間様々な姿を見てきているメンバーだからこそ、このジョンハンの発言は本当に彼がいかなる状況、場面でも他人を思って言動していることが分かりますよねTT

また同じ動画内でジュンくんがドギョムの歌へのプライドについて話しているシーンがあります。

出典:EP. 13 ゴールラインまで僕がそばにいるよ | SEVENTEEN : HIT THE ROAD

caratやメンバー、周りの人には自分の心を尽くしてやまない彼ですが、自分へのプライドは人一倍高いようです。

メインボーカルとしての責任や自身に課すものが他人から見ればとてつもなく計り知れないほど大きいのでしょう…

そんな歌へのプライドはときに高い壁となって彼の前に立ちはだかり、歩みを止まらせてしまうことがあります。

ドギョムの魅力③自分にはとことんストイック

届かないメンバーの慰め
レコーディング中の涙の訳

出典:[INSIDE SEVENTEEN] ‘Home’ 녹음기

‘Home’という曲のレコーディングの風景を収めたビハインド動画の途中、メンバーのスングァンが急遽カメラをドギョムに向けたシーンがこちら。

出典:[INSIDE SEVENTEEN] ‘Home’ 녹음기

レコーディングの出来がどうも自分の中で納得のいかなかったドギョムの落ち込む姿に「大丈夫だよ~~」「本当に上手にできてたよ!」とメンバーが慰めているシーンです。

しかし、そんな声掛けに鈍い反応を見せるドギョム。

「なにがダメだったの?」という問いかけの瞬間、
「3日間練習してきたのに…」と練習量に対して自信をもってGOサインを出せなかった自分自身への悔いが残るような想いをいまにも涙が溢れそうになりながらつぶやくドギョムTT

出典:[INSIDE SEVENTEEN] ‘Home’ 녹음기

表舞台で見る彼の堂々とした力強い声の旋律からはとても想像できないほど弱々しい声から悔しさや残念さを感じます。

pyons

この姿に心が痛くなる半面、譲れない芯のある信念がほんとにかっこいいドギョマ…

ドギョムがCARATと自分のために歌った「道」

このように【他人に優しく自分に厳しい】というの言葉通りのドギョムが、CARAT(ファン)と自分自身のために歌った大切な曲があります。それは韓国のソロアーティスト、ポール・キムさんの『길(道)』という曲です。

ドギョム

自分自身が進んでいる道が正しいか分からなくなり、自分を責めたり、やめたくなる時がある・・・

このようにドギョム本人からCARAT(ファン)に対して切実な想いを打ち明けてくれた時に公開したのが、 ポール・キムさんの『길(道)』という曲のカバーでした。

出典:[COVER] 도겸 – 길 (원곡 : 폴킴)

このカバー動画の概要欄にはドギョムがcaratへのメッセージとしてこの曲を選んだ理由や伝えたいことを話してくれています。

一部メッセージを抜粋

꿈을 이루기 위해 자기 자신을 믿고 열심히 나아가다가도 가끔 지치고 힘들 때가 찾아오면
내 앞의 길이 보이지 않는 것만 같은 기분이 들 때가 있습니다.
어쩌면 지금, 이 순간에도 혼자서 그 시기를 이겨내고 있을 분들에게
조금이나마 힘이 되어드리고 싶어서 제가 평소 너무도 좋아하는 곡인 폴킴 선배님의 ‘길’을 불러보았습니다.
이 노래로 여러분을 공감하고 위로해주고 싶었습니다.
또 저 스스로에게도 힘을 주고 싶었습니다.
이 노래와 제 진심이 그저 막연한 응원처럼 들리지 않도록 
정말 조심스럽게 소중히 불렀습니다.
앞으로도 진심을 다해 노래하는 도겸이가 되겠습니다.

https://youtu.be/fdMS5HTQGX4 概要

(訳)夢を叶えるために自分自身を信じて一生懸命進んでいても時々疲れて辛い時が来ると僕の前の道が見えないような気分になる時があります。もしかすると今、この瞬間にもひとりでその時を乗り越えようとしている方々に少しでも力になってあげたくて僕が普段から好きな曲のPaul Kim先輩の〜道〜を歌ってみました。この歌でみなさんに共感し、癒されて欲しかったんです。また、自分自身にも力を与えたかったのです。この歌と僕の心がただ漠然とした応援歌のように聴こえないように本当に慎重に大切に歌いました。

メンバーが考えるドギョムの姿やレコーディングの涙を考えると自分自身への壁が、どれほど自分を苦しめて迷わせたのか…

ただその迷いや苦しみを「僕も持っているんだ」と聴く人の心の慰めになるように正直に自分の弱い部分も見せることができる、本当の人としての強さが伝わりますよね。

それに加えて「自分にも力を与えたくて」と言及しているので、この曲からドギョム自身への慰めにもなるように歌われていると思えばさらに聴き甲斐が増します。

この公式の動画には残念ながら日本語字幕がついていないのですが、心優しいCARATの方がたくさん日本語に訳した動画を上げてくださっているので、ぜひ!!!!
日本語訳と一緒にドギョムの歌声と切実な想いや心に触れてみてください。

SENENTEEN正真正銘のメインボーカルDK

心を聴かせる、慎重に大切に歌い続ける
だから聴き手の心に真っすぐに届く

メンバーがそろって口にするドギョムの「ほかの人を想い、自分の立ち振る舞いに悩む優しさ」
メンバーが口が痛くなるぐらいに慰め続けても「どうしても譲れない歌と自分へのプライド」

ドギョムの歌声はただの歌声ではなく、自身の「心」を通して見せてくれる歌声であるからこそ誰よりも【慎重に・大切に・いつの間にか】私たちの「心」に響くのではないでしょうか。

セブチのメインボーカル・ドギョムの魅力
  • 繊細な中にも強さを感じる珠玉の歌声
  • メンバーが証言する「神様より優しい」
  • 自分にはとことんストイック・妥協しない
  • 繊細な表現力で自分とファンのために歌ったカバー曲
  • 正真正銘セブチのメインボーカル・ドギョム

これほどまでに「他人に優しく、自分に厳しい」ストイックな努力家であり、だれもが認めるSEVENTEENのメインボーカル・DK(ドギョム)の魅力を紹介しました。

みなさんも機会があればドギョムの歌声はもちろん、ぜひその歌う『姿』に注目してみてください。繊細で真っすぐな彼の「心」に近づき、少しでもあなたの共感や癒しになりますように…☆

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

K-POPを広く深く沼入りする関西人!!
もちろんめちゃめちゃK-POPアイドルグループのオタクをしていますが
K-HIPHOPやR&Bといっぱい派生中♡

「K-POPをもっと知りたい!」という方はもちろん、そうでない方にもその魅力を知ってもらえるよう、日々オタ活極めています!
新たなお気に入りが増えればうれしいです♡

コメント

コメントする

目次
閉じる